2017.02.06

皆さんにとって、このデータブックが今後のまちづくりを考えるにあたり、客観的なデータに基づいた議論ができることへの一助になれれば幸いです。また、町民の方にはデータブックの現物をお送りしたいと考えております。ご所望の方は、お問い合わせください。