まちづくりデータブックプロジェクトについて

まちづくりデータブックプロジェクトでは、住民の方々の声をもとに、地域についての気になることや不安なことに関するデータを集めて可視化しています。その上で、住民の方々がデータを土台とした建設的な議論をし、地域の未来を考えて行ける場を提供します。最新のデータブックはこちらです。

南相馬市について

現在の南相馬市は、平成18年1月1日、旧小高町、旧鹿島町、旧原町市の1市2町が合併して誕生しました。
南相馬市の位置は、福島県浜通りの北部で太平洋に面し、面積は398.58平方kmです。東京からの距離は292kmで、いわき市と宮城県仙台市のほぼ中間にあります。 

南相馬市民の方へ

皆さんにとって、このデータブックが今後のまちづくりを考えるにあたり、客観的なデータに基づいた議論ができることへの一助になれれば幸いです。また、町民の方にはデータブックの現物をお送りしたいと考えております。ご所望の方は、お問い合わせください。

データブックプロジェクトにご興味のある自治体・団体の方は、こちらから資料請求が可能です。
これまでの活動報告
本事業は「タケダ・いのちとくらし再生プログラム 第2期第1回助成」を受けて実施しております